SOASTAブログ

Short Blog : モバイルブラウザー SafariとChromeでページロード時間を比べてみた



あるお客様でmPulseを使ってパフォーマンス分析をしたところ、モバイルでのページロード時間が、iPhoneのSafariとAndroidのChromeで大きく違うことが分かりました。ChromeではSafariの1.5倍、ページロードに時間がかかっています

気になったので、いろいろなサイトのデータを見てみました。

古いバージョンの影響や、ネットワーク環境の違いによる影響をなるべく受けないよう、以下のような条件でデータを抽出しました。

  • コンシューマ向け3サイトの75パーセンタイルのロード時間
  • 国内からのアクセス
  • 現時点で国内で一番多いバージョン:Chrome 48 (Android OS)、Safari 9

 

結果は、以下の通り。

chrome vs safari

 

いずれもChromeの方がロード時間が長いという結果が出たものの、その差異はサイトにより大きく異なります。サイトの作りにより、違いが出ているものと考えられます。

 

この二つのブラウザーに限らず、ブラウザー(または、そのバージョン)によるページロード時間の差が、顕著に出ることが多いです。

サイトにアクセスするブラウザーの分布、そして、それぞれのパフォーマンスを把握し、主要なブラウザーのパフォーマンスが悪い場合、ブラウザーに応じた最適化などの対応が必要となるでしょう。

まずは、ユーザーのリアルな体験を計測するところから始めましょう!
弊社のパフォーマンス計測・分析ソリューション、mPulseはこちら

14日間無料トライアル。今すぐ登録!
 


Eiji Akiyama

著者について

Eiji Akiyama

SOASTA 日本オフィス 代表

@eiji_akiyama